和編鐘奏者 ゆきね(有機音)

> English version

編鐘とは

編鐘について
  編鐘の歴史は古くすでに西周朝初期(約3千年前)の出土に見られます。中国全土で400〜500組(セット)も発見されているといわれています。その大きさから、楽器としてばかりではなく祭器として、また、皇帝の権威の象徴としても使用されたことがうかがわれます。大小の青銅製の鐘から成り、大きなものは人が入れるほどの大きさで、数人がかりで打ち鳴らしたと考えられています。
編鐘の伝来
 韓国には高麗朝(1116年)のころに伝来されました。しかし日本には儒教的な大編成の雅楽が輸入されなかったので、編鐘を使用する音楽は伝えられていません。日光東照宮には、13世紀に伝来したと思われる唯一の編鐘が保存されています。この編鐘ははるかに小型ですが、韓国の祭礼楽用の系統の特徴をもっています。
和編鐘とは

  富山県高岡市の山口久乗氏によって2002年に完成しました「久乗編鐘」は、2003年3月<世界水フォーラム>での「音でつづる水の旅」の演奏で、使用しました。余韻のある美しい音色は、脳にα波を発生させ、癒しの効果がある、1/fゆらぎを含むことが日本音響研究所の分析により証明されています。この「久乗編鐘」の鐘を使って、有機音工房が現在の3オクターブの鐘を演奏しやすい形に枠を設計して、並び替えたものが現在の「和編鐘」です。和編鐘のお申し込みは有機音工房へ。

和編鐘®は有機音工房 桜井有機子が販売しています。有機音工房までお問い合わせください。

ページの先頭に戻る